天野先輩を送る言葉

 

天野先輩、後輩の宮部です。残念です。去る4/3、天野先輩の訃報に接し、横浜国大剣友会および現役剣道部一同はただただ悲しみに暮れています。痛恨の極みです。

体調も回復しはじめたと伺っていましたので、今年の国大剣友会総会には久し振りにお会いできるかと楽しみにしていた矢先でした。今となってはあの叱咤激励がなつかしく思い出されます。

天野先輩には私がS41年横浜国大経済学部に入学、そして剣道部に入部以来40年以上の長きにわたって沢山の薫陶をいただきました。

 

天野先輩との思い出は語りつくせないほどですが、強く感銘を受けたことを二、三話したいと思います。

1)   人との縁をとても大切にする人。

     相手の気持ちに寄り添うことのできる愛情をもっていて、人の世話をすることを厭わない、しかも継続できるといことです。

     不遇な人、病気がちな人に対して絶え間ない気配り。

     国大剣友会400名のOBに最も多く声をかけられた先輩。

2)   手抜きをしない人。思いを継続できる人。

   行動の原点が「皆のためにどうすることがよいのか」にある。

    大学の経済・経営学部のOB会である富丘会の幹事、副会長としての

    活動、国大剣友会の幹事長そして会長としての活動で、その時代、時代にあった多くの課題に取り組む姿勢・行動がそのことを端的に表わしています。

    人に何を言われるかを気にするより、よりよいものにしていきたいという思いが強い。時としてはそれが誤解され批判されることもあったと思いますが、ためらいはなかったと思います。良かれと思えば悪役を平然と引き受けるストレートな人。

    S42年に高商、高工と出身母体別になっていたOB会を国大剣友会として統合したこと、剣道師範選定、審判員確保、防具の整備等多くの課題を解決するために先頭に立っていただきました。

    35周年記念会誌によくその活動が記録されています。

3)   人を育てる人。

国大剣友会、個性豊かな有為の人を多く輩出でき、財政面でも会としての充実が図れたこと。 

  

 

この三つの底には天野先輩の信念である日々の「精進」が流れていたのだと思います。

剣道でも必ずしも丈夫でない身体に鞭打って、自らを律し7段位まで昇段されました。

自ら創立された三行社の社長として、大学のOB会(富丘会)の副会長として、そして国大剣友会の幹事長・会長として半世紀にわたり、人のまねのできない奮闘をしていただきました。

 

天野先輩、私たちは天野先輩にお会いでき、長く薫陶を受けたことを誇りとします。

天野先輩は人生をまっすぐ歩き通した信念の人でした。後輩の分際で僭越なことですが、まさに堂々たる、悔いのない人生だったと思っております。

 

天野先輩、先に旅立たれた奥様とご一緒にゆっくりとお休みください。天野先輩の遺志は「私たち」がしっかりと受け継いでいきます。またお会いしましょう。  合掌

 

              平成23年度4月7日   大学18期 宮部 安男