横浜国立大学 剣道部の歴史

 

精進について

 横浜国立大学剣道部より竹刀袋の字を書いて貰いたいとの依頼を受け考えた末、精進とした。明鏡止水、無心、泰然自若など剣道人の好む言葉が多くあるが、私には死ぬまで到達できそうにもない心境である。天分があり体力にも恵まれている人もいるが、私のように不器であり勘の悪い人の方がむしろ多く、これらの人たちにとって最も大切なのはくさらずに精進することで、これなら誰にでも出来ることである。

 文言は決まったが、どんな字を書くかに迷った。幸い、かつて同級生だった梅原君が清山と号し書の大家となっているのを探し当て交流していたので、お手本をお願いした。祝儀や不祝儀の袋に名前を書くとき以外筆を持ったことがなかったので、早速筆と紙を買い求め習字につとめたが、不器用の上に泥縄式練習では、清山先生のお手本とは似つかぬ字となってしまったのは致し方ない。

 朱文、白文ともに篆刻を勉強中の源 瑤子 さんに作ってもらい、氏名印のみは竹刀袋に源さんのを、手拭いには戦友の楊 馥成(元台湾軍属、北京市在住)が来日の折、書画と共に頂いたものを使用した。

横浜国立大学剣友会 名誉会長 

剣道教士7段 天野八郎


40周年記念 手拭解説  

【精進】

力を尽して道に努め励むこと。一般には“しょうじん”と読む。佛教用語では佛道に励む事や精進料理ということばもある。

 富丘会で名簿会報委員長をして不詳者の追跡調査をしていた折、同期で氏名が出てこないものが数名いた。あるとき、学友より、その中の一人の梅原はどうも書の大家になっているらしいと聞き、調査し上野で会った。以来、年賀状の交換の他、彼から毎年現代書道20人展の入場券が送られて来ている。こんな折に手拭の字を頼まれ、はたと弱った。そこで思い出したのが梅原清山先生、同級生の誼みで手本を頼み、それを見て懸命に練習したが、もともと素養のない身、似ても似つかぬ字となってしまった。いかにも書道をやっていますと言った字にならなかっただけが幸いと云うべきか。

【三笑】

篆刻(てんこく)で朱文というらしい。昔、支那に惠隠法師と云う人が廬山(ろざん)に隠棲していて虎渓を渡らぬと誓っていた。 そこへ陶渕明、陸脩静の心許す友が尋ねて来、帰りを見送っているうちに話がはずみ、思わず虎渓を渡ってしまい虎のうそぶく声で気づき、三人で大笑したという故事。虎渓三笑とも云う。良き剣友を持つことを切望する。

【守破離】

篆刻では白文。漢和辞典には載っていないから、日本で誰かが使い出したもの。出展は今の時点では不明なので、わかり次第ホームページに掲載するが、剣道人なら誰でも知っている言葉。物事の習いはじめは師の教えを忠実に実行する。ある段階まで来たら工夫を加える。更に進んだら師の教えから離れるという事だが、剣の道では技、心ともにここに到達したのは山岡鐵舟ぐらいと私は思っている。わが身を振り返ってみると、守が終わるかどうかのところでやっと巡り合えた師に先立たれてしまった。

最後に刻印して下さった源遙子さんは古い友人、学祭にはよく来てくれるので、若手の剣友の中で顔見知りの人が多いかと思う。

氏名印は私の戦友で台湾兵だった楊複成先生から頂いたもの。先生は嘉義農林、現在の嘉義大学出身の農学博士。現在は北京在住。戦後中国に止めおかれた日本人医師、看護婦が烈士の基地に20余名埋葬されていることを知り、さぞ祖国の桜を見たかったろうと桜千本余を植えた男。

手拭は多くの人の友情に支えられ出来上がったもので感謝、感謝!!

平成19年6月25日

横浜国立大学剣友会 名誉会長 天野 八郎


45周年記念 手拭解説  

手ぬぐいに書いた「不動心」の思い       美馬宏三

剣道の試合になると多くの人は、先ず負けたくない、何とかして勝ちたいと思って相手に立ち向かっていきます。その思いが欲や恐れや迷いを起こさせ、心を動揺させるのです。心が動揺すると、人は体を自分の思い通りに動かせなくなります。そこに隙が出来て相手に攻め込まれます。攻めるにも、守るにしても自分の体を思い通りに動かせるようにするためには、自分の心の動揺を起こさせない「不動心」を身に付けなければなりません。これは難しいことです。
 「不動心」とは、いかなる場合にあっても、心を動かすことなく泰然自若としていること。
これは剣豪宮本武蔵の五輪書にも書かれています。不動とは、動かない岩の如く頑ななものではなく、事に応じて自由自在に動く心の働きであるとも教えられています。剣道が強くなるためにはこの「不動心」が要であり、それを持つためには、剣の道の不断の努力と厳しい修行が必要なのです。

 私は左足を怪我して竹刀を持たなくなって久しいのですが、この「不動心」という思いを、今は、日常生活に取り入れて大切にしています。
 人間とは社会の中で、自分の感情と思考を大切にしながら生きている動物ではないかと思っています。いろいろなことに感動したり、驚いたり、喜んだり、あるいは不信感をもったり、怒ったり、悩んだり、いつも心の動揺を感じながら生きています。そして、その都度、心の動揺を感じながらも、自分で最も良いと思うことを考えて言動に移しています。そんな日常生活で、もっと心に余裕を持ちたいと思うことがよくあります。それが「不動心」に通じるのではないか気が付きました。
日常生活では、いつも心穏やかに誰とも仲良く、ゆったりとした気持ちで日々を過ごしていきたいと思っています。そのため、表面的なことや細かいことには捉われないこと、相手の言うことの意味、狙い、本質は何かということに注力することを心掛けています。そうして、世の中の荒波に動じない心を持つことが肝要だと考えるようになりました。これには、些細なことやうそ、脅かしに動じない強い精神力が必要だと思います。また、正しいと思ったことをしっかりと言う正義感と勇気が必要だと思います。さらに、物事の本質を見極め、大局観をもって先を見通す洞察力が必要だと思います。これらのことが出来るようになるのが日常の「不動心」を持つことだと考えるようになりました。しかし、これは大変難しいことです。少しでも近づけるようにと日頃心がけています。
 私が大学生であった50年位前に吉川英治の「宮本武蔵」を読みました。全8巻を読み終わった時、武蔵は生涯「不動心」を追い求めていたのではないかと感じました。その思いは今でも残っています。

平成24年6月23日(9月19日解説)

横浜国立大学剣友会 前会長 現相談役 美馬 宏三


剣道部の部旗

過去の戦績

大会名 種目・成績 選手名
S44 第14回 神奈川県学生剣道選手権大会 個人優勝 緒形正之助
S46 第22回 関東甲信越大学体育大会 女子団体優勝
S52 第25回 全日本学生剣道優勝大会出場 男子団体 浅原・森田・菊池・幡野・広兼・松崎・田中・本名瀬・橋口
S53 第27回 関東甲信越大学体育大会 女子団体優勝
S55 第28回 全日本学生剣道優勝大会出場 男子団体 田中・石川・小田嶋・山本・八木・福嶋・矢野・枝迫・寺本
S55 第25回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 個人優勝 森 信人
S56 第30回 関東甲信越大学体育大会 個人優勝 枝迫大成
S56 第15回 全日本女子学生剣道優勝大会出場 女子個人 出沢尚子
S57 第30回 全日本学生剣道優勝大会出場 男子団体 福嶋・枝迫・岡本・寺本・中沢・小沢・津田・宮垣・竹田・藤麻
S61 第31回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 個人優勝 小日山 明
S63 第22回 全日本女子学生剣道選手権大会出場 女子個人 森嶋仁美
S63 第33回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 女子個人 森嶋仁美
H 1 第37回 全日本学生剣道選手権大会出場 男子個人 山口敬介
H 2 第38回 全日本学生剣道優勝大会出場 男子団体 山口・木村・石野・松瀬・栗本・有竹・青木・藤木・横尾
H 3 第39回 全日本学生剣道選手権大会出場 男子個人 高橋健太郎
H 6 第39回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 団体優勝 高橋・秋山・山田・田村・谷田・井上・太田・武田・加藤
H 6 第43回 関東甲信越大学体育大会 団体優勝 高橋・秋山・山田・高砂・井上・菊池・太田・武田・加藤
個人優勝 高橋健太郎
女子団体優勝 横山・遠藤・斉藤・荒川・沓澤
H 7 第40回 秋季神奈川県学生剣道優勝大会 準優勝 菊池一紀
H 7 第43回 全日本学生剣道優勝大会出場 男子団体 高砂・井上・菊池・太田・牧野・川崎・角・樺山・安部
H 9 第42回 春季神奈川県学生剣道選手権大会 個人準優勝 角 憲太郎
H10 第43回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 個人優勝 安部博文
H12 第48回 全日本学生剣道選手権大会出場 男子個人 川津大輔
H12 第45回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 個人三位 中原貴之
H17 第50回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 個人優勝 米倉 丈堅
H19 第52回 全日本学生剣道選手権大会出場 男子個人 米倉 丈堅
20 第53回 春季神奈川県学生剣道選手権大会 個人準優勝 川村 友希
H22 第55回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 個人準優勝 二宮健太郎
H22 第55回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 個人準優勝 川村 友希
H23 第37回 関東女子学生剣道優勝大会 女子団体

ベスト16

川村・小笠原・倉田・原・村松・小泉
H23 第30回 全日本女子学生剣道優勝大会 女子団体 川村・小笠原・倉田・原・村松・小泉
24 第61回 関東甲信越大学体育大会 団体準優勝 二宮・渡邉・西本・石川・尾関・毛綱・山城・鷹箸・峰守
H25 第58回 秋季神奈川県学生剣道選手権大会 個人三位 清水 裕

訂正・追加等がありましたら是非ともご連絡下さい。